山形県 新庄市 宝光山英照院 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

山形県新庄市にある宝光山英照院。新庄藩初代藩主、戸澤政盛公の娘の宮子姫の供養のために建てられたお寺です。

宮子姫の家族は、夫定盛が34歳で病死、2人の間に授かった娘の風子姫も22歳で病死、そして宮子姫も47歳で生涯を閉じてしまいます。その悲運の短い生涯を不憫に思った宮子姫の母“天慶院”が、その菩提を弔うため1658年、天英寺(現在の英照院)を建立します。

その後「“念ずれば花開く”お寺」「お姫様をお詣りすると良縁に恵まれる」と噂が広まり、縁結びを願う人がお参りに訪れるようになりました。今も境内にはこの宮子姫の眠る墓所やお位牌が安置された寶姫塔(宮子姫御霊屋)があります。

縁結び効果は?宝光山英照院の評判や口コミ

20代女性
・新庄藩主と後室との間に大変美しい姫が生まれ、江戸時代から子宝祈願を始め結婚を願う恋人や夫婦円満のご利益があるとして大いに栄えてきたそうです。さらに新庄名物「愛をとりもつラーメン」というのがあるらしいので気になる方はぜひともゲットしてみてください。(20代女性)
30代女性
・このお寺には「誕生仏」という仏像が安置されています。お釈迦さまの誕生した時をかたどった彫像“誕生仏”に祈ると、子授けや安産、子育てにご利益があると言われています。英照院は安産祈願でも人気の高いお寺なのです。子どもを授かるのも御縁ですからね。戌の日は予約でいっぱいの日もあります。(30代女性)
30代女性
・先月、ネットで知り合った彼と別れました。やっと自然にカレの事も忘れるようになりましたが、「出産」について考えたら眠れない日々があります。現実は今年37歳。産める崖っぷちの年齢です…「婚活」「出産」という言葉に踊らされているのかな、という思いがいろいろあって英照院にきました。境内にある愛染明王石にも恋愛成就や子授け安産の御利益があるということでしっかり、私の話を聞いてもらいました。これからも婚活は続けるつもりです。今年こそは良い御縁に結ばれるよう、本気でお願いしました。(30代女性)

境内の愛染明王石は、もともと別の場所に祀られていたそうですが、ある理由で他の場所に移すことを余儀なくされました。

村の力自慢の若者達が持ち上げようとしてもビクとも動かず、困っていた時に英照院の住職が読経供養したところ、これまでが嘘のように軽々と持ち上がったそうです。このため愛染明王石は英照院にてお祀りされる事になりました。

その後、協力した若者達が次々と結ばれ、子宝にも恵まれて幸せに暮らした、といわれています。縁結びの神様はちゃんと結果を残す、御利益のある場所でもありますね。

新庄名物「愛をとりもつラーメン」、あっさりめの醤油スープとよく煮込んだ「とりもつ」との絶妙なバランスがくせになるそうです、食べものからも縁を結ぶパワーをいただいちゃいましょう!

宝光山英照院の基本情報やアクセス

・創建:亨保三年(1718年)
・御祭神:不詳
・住所:山形県新庄市十日町764−1
・TEL/ FAX:0233-22-2545
・公式HPのURL:なし(参考:http://yamagatakanko.com/log/?l=342988)
・交通アクセス: 電車:JR「新庄駅」から車で15分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です