香川県高松市 冠纓神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

香南町の氏神様として、古くから歴史のある冠纓(かんえい)神社。讃岐国が出生地という説もある安倍清明が神主をしていた、という伝説もあります。

当代の領主や藩主に手篤く保護され、現在に至ります。室町時代には細川頼之が、京都石清水八幡宮の冠纓(宮中へ参内する時にかぶるもの)を奉納したことから、後に冠纓神社と呼ばれるようになります。

お祀りされているのは、仲哀天皇・応神天皇・神功皇后。境内には様々な石碑や祠が祀られているだけでなく、樹齢800年近くの植物が100種類以上も生息する場所で、香川県の自然記念物にも指定されています。自然の中でゆっくりと過ごすことで、日々のストレスからも開放され、余裕が出てきます。

こちらには、願い石(叶い石)という古くからの石があり、この石を撫でながらお願いごとをすると、必ず願いが叶うと言われています。ただし、お願いごとはひとつだけ。よくばって二つ以上のお願いをすると叶いません。

また、男石・女石というペアの石もあり、この石の間を八の字を書くように歩くと縁結びのご利益がいただける、と言われています。

縁結び効果は?冠纓神社の評判や口コミ

30代女性
・高松へ出張へ行った帰り、空港で3時間近く待ち時間があったので、空港まで行くのに乗ったタクシーの運転手さんに「ここから10分位で行ける観光スポット」を聞いて、連れていってもらったのが冠纓神社でした。「願い石は必ず触っておいで」と教えられたのですが、私には縁結びの石にお願いをしました。出張から帰る飛行機で偶然隣の席になった男性も出張で高松を訪れていた方。少し飛行機酔いしてしまった私を気遣ってくれました。彼はさらに飛行機を乗り換えて、だったのですが「また出張でこっちには来るから」と連絡先を交換し、2週間後に再会して食事~3回目のデートで「遠距離で良ければ付き合いましょう」と、800キロの遠距離恋愛ですがお付き合いをスタート。1年半で結婚しました。(30代女性)
30代女性
・冠纓神社の獅子頭を拝みに行ったときに、偶然知ったのが願い石。たった一つだけお願いごとを心に浮かべながら撫でると願いが叶うそうで・・・彼氏・恋人は途切れないけど、結婚までは至らずにフラれる、を繰り返していたら既にアラフォー。あまりがっつくとヒかれるし、クールを装っても出会いがない。そんな私はぶっちゃけて「次に付き合う人を、生涯最後の恋人にしてください」とお願いしました。その2週間後、仕事帰りに道に迷っている外国人の方と、道はわかるけど英語がなかなか通じない日本人の方、という場に出くわしました。それほど話せるわけではないけど、何とか目的地までの道のりを私が英語で説明したことで解決。「お礼がしたいので、もしよかったらご飯でも行きませんか?」と誘ってくれた4歳年下の彼は、来月私の旦那様になります。(30代女性)

冠纓神社の秋祭りで使用される獅子頭は、日本で一番大きいサイズで200キロ近くあります。こちらも一見の価値あり。

境内には多くのお社や霊験あらたかなスポットがたくさんあります。安倍清明を祀るお社(安倍清明神社)や、ご神木であるかむたま龍樟樹(クスノキ)があります。

かむたま龍樟樹は古代より、聖地「かむろの丘」に生息する樹木で、枝が3つに分かれ、うねりながら伸びていく様子が龍のように見えるので、この名前がついたそうです。

立身出世や勝負運にご利益があるので、恋のライバルにどうしても勝ちたい人は、こちらも忘れずにお参りを。

冠纓神社の基本情報やアクセス

・創建:861年
・ご祭神:仲哀天皇・応神天皇・神功皇后
・鎮座:香川県高松市香南町由佐字三原1413
・電話/FAX:087-879-2604
・公式HPのURL:なし
・交通アクセス:車:高松空港からタクシーで5分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です