和歌山県 歓喜神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

“よろこぶ”という漢字が2つもつながった、何ともおめでたい名前の南紀白浜の歓喜神社。正式には阪田神社といいます。

昭和30年の調査で発掘された古代遺跡で、阪田山祭祀遺跡をお祀りしています。この地は白浜発祥の地とも言われていてここの住所が「白浜1-1」であることからもわかります。

縁結びの由来とご利益のあるスポット

歓喜神社は、神社としての建造物(=社殿)をもたない、古代神道式の祀り方の神社です。ご神体は万物の根源である「陰」と「陽」。つまり、ズバリ、男性器と女性器です。それゆえ、縁結び、夫婦和合、子宝にご利益のある神社なのです。

古くから、生命の象徴として男根を祀る神社は多く、歓喜神社も例外ではありません。神社の売店の手前には、ここにも男性器と女性器をした「おさすり石」があります。男性は女性の石を、女性は男性の石をさするとご利益があるそうです。

参詣したかたから「出会いがあった」「子宝を授かった」と神社あてにお礼の手紙が届くこともあり、こういった喜びの声は事務所に飾られています。

縁結び効果は?歓喜神社の評判や口コミ

20代女性
・友人男子2人に誘われたドライブ(ダブルデート)の途中で寄った美術館。エロチックできゃーきゃー言いながら、神社にもお参りしました。神様からパワーをもらったからか、いつにも増して積極的な男子に押し切られ・・・そのうちの一人と、今ラブラブです★(20代女性)
30代女性
・女子ばかり4人で「出会いのパワーを神様にいただこう!」と歓喜神社へ。まさに男性のアレ、が祀られていて面喰いましたが、神社をまわるうちに慣れてきて、おさすり石も入念にさすってきました。その後の2か月でなんと3人から立て続けに告白されました。そのうちの1人と今は仲良く過ごしています。(30代女性)
30代女性
・新婚3か月、旦那がどうしても行きたい場所がある、ということで連れていかれたのが歓喜神社(美術館へは行っていません)。境内の眺めに終始圧倒されていました。子宝にご利益のある神社だ、と教えられ「結婚して、一緒にいて、早くこどもがほしくなった」という彼と一緒にすりすり。2か月後に妊娠が判明。無事に出産しました。(30代女性)

注目の縁結びアイテムと美術館情報

「おさすり石」の先にある売店では、お守りも入手できます。もちろんこちらも、「陰」と「陽」を具現化したチャームのついたお守りです。また、ちょっとしたお土産に「珍あめ」と「満あめ」と、どこまでも「陰と陽」を追求した商品もあります。

同じ敷地内には、白浜美術館が隣接しています。こちらの美術館は、歓喜神社でお祀りしている「陰」と「陽」にちなんで、ヒンズー教や密教の仏像(秘仏)や陰陽の接合美術を集めた、一風変わった美術館です。

女子旅行で訪れてパワーチャージをするもよし、カップル・ご夫婦で訪れて、普段と違う刺激を受けるのもいいかもしれませんね。

歓喜神社の基本情報とアクセス

創建:不詳
ご祭神:伊邪那岐命・伊邪那美
鎮座:和歌山県西牟婁郡白浜町坂田1-1
電話/FAX:0739-42-2589
公式HPのURL:なし
交通アクセス:JR紀勢本線「白浜駅」から明光バスへ、「阪田山」バス停で下車徒歩5分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です