滋賀県長浜市 長浜八幡宮 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

平安時代後期に、京都の石清水八幡宮から分霊(祀られている神様の霊を分けること)され、この地に建立されたのが滋賀県の長浜八幡宮です。

戦国時代には戦火に巻き込まれて一時期衰退しましたが、長浜城主となった羽柴(豊臣)秀吉によって復興されました。

縁松(えにしまつ)に良縁を祈願しましょう

毎年4月に行われる長浜曳山祭は京都の祇園祭・岐阜の高山祭と並んで、日本三大山車祭りと総されます。

境内には、黒松と赤松が支えあうようにして生えています。この姿が支えあっている人と人に見えることから「縁松(えにしまつ)」と呼ばれ、この松の間をくぐりながらお願いをすると、良い出会いや夫婦円満のご利益を授かることができる、と言われています。

縁結び効果は?長浜八幡宮の評判や口コミ

30代女性
・良い出会いを授かることができる、と叔母から勧められて(半ば強引に連れていかれて)長浜八幡宮へお参りに。あまり「縁結び」の類は好みではなかったのですが、地の力、というか、神社そのものの雰囲気からパワーをもらった感覚がありました。お参りの2か月後、駅で定期を拾って届けたところ、ちょうど落とし主が現れて…お礼に食事でも、と誘われたところから、あっという間に婚約まで進んでしまいました。「縁松」のおかげ!自分が連れていったからだ、と会うたびに叔母には言われますが、そんなことも気にならないくらい、今は2人で幸せに生活しています。(30代女性)
40代女性
・お互いの仕事が忙しく、ひとつ屋根の下にいるのに顔を合わせる回数も減り、土日はお互い疲れて喧嘩が絶えない。そんな時期に「気分転換にドライブへ行こう」と主人から誘われたのが、隣の滋賀県にある長浜八幡宮でした。神社やお寺なら、近くにもあるのにな、と少しめんどくさかったのですが、行ってみてわかりました。支えあって、より添うように生えている2本の松。「縁松っていうんだって・・・」と、主人が教えてくれました。夫婦円満のご利益をいただき、主人の優しい気持ちにも触れることができ、忙しいながらも相手を思いやって過ごそう、と思える毎日を送っています。(40代女性)

「亀願石」や「願い通して矢」遊び心溢れる楽しい神社

縁松のほかにも「縁結びの札所」があり、赤い紙に女性の名前を、白い紙に男性の名前を書いておみくじのように結びつけることで、ご縁を末長くつながせる、という場所もあります。

本殿の左側には「亀願石」と名づけられた穴の開いた石と、「願い通して矢」と書かれた看板とともに、弓と矢が置いてあります。お願いごとをして弓で矢を射て穴に的中すると、願いが叶う、と言われています。こういったアトラクション的要素もあるので、初めてのデートで訪れるのも、よいかもしれませんね。

またかつては「インフルエンザ除け」のお守りも授与品としてあった、とのこと。遊び心にあふれた楽しい神社です。

長浜八幡宮の基本情報とアクセス

創建:1069年
ご祭神:足仲彦尊、誉田別尊、息長足姫尊
鎮座:滋賀県長浜市宮前町13番55号
電話/FAX:0749-62-0481/0749-62-0881
公式HPのURL:http://www.biwa.ne.jp/~hatimang/
交通アクセス:
電車:JR長浜駅より徒歩10分
車:北陸道長浜ICより約10分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です