滋賀県 石山寺 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

かつて紫式部が、現代にも伝わる古典文学「源氏物語」を執筆するために参籠したのが、この石山寺。彼女が執筆で籠った部屋は、“源氏の間”として今も保存されており、見学もできます。

春先には梅、桜、躑躅(つつじ)、と多くの花々であふれかえる境内が楽しめますし、秋には色鮮やかな紅葉が、参詣者を出迎えてくれることも特徴です。

ご本尊の如意輪観世音菩薩は、聖武天皇が夢でお告げを受けこの地に観音様を祀ったことが始まりです。その後、祀った場所=石の上から観音様がはなれなくなってしまったので、観音様を覆うように本堂を建てたそうです。

石(=硬く、しっかりした地盤)の上にある観音様は、健康や良縁のご利益がある、と当時から信仰されており、平安貴族の間では、国家安康・子孫繁栄を祈ってお参りする「石山詣」がさかんだったとか。

平安文学には、この石山寺が舞台となった作品も多く(「枕草子」、「更級日記」、「蜻蛉日記」等)その当時から人気のあった場所であることがうかがい知れます。

縁結び効果は?石山寺の評判や口コミ

20代女性
・大学のゼミ合宿で、石山寺へ行きました(古典文学を勉強していたので)。1コ上の先輩で、とてもあこがれている方がいて、その方と近づきたいな、とお願いをしたところ…その合宿の中で、一緒に買い出しに行ったり移動のバスの席が一緒になったり、と驚くほど急接近する出来事が!当時の私には、そこまで積極的になる勇気はなかったのですが、合宿が終わった後も、何かと気にかけてもらいました。今のわたしの主人です(笑)(20代女性)
30代女性
・紅葉が綺麗だ、と聞いて、お参りしたお寺が、源氏物語が構想されたところ、と知って、俄然テンションがあがったのを覚えています。当時は、いわゆる不倫と呼ばれるような関係で(源氏物語の頃みたいになったらいいのになぁ~)と思いながらも、自分だけを見てほしい、とも思っていました。石山寺に行った数週間後、高校の同級生と駅前でばったり。ぶっちゃけ話をしつつ、その後も付き合いを復活させ、飲み仲間から、いつしか恋人に…来年の春、入籍予定です。いい縁を運んでくれたのも、紫式部のおかげかな?と思っています(30代女性)

石山寺には、縁結びにご利益のある心願成就の鐘があります。通常は除夜の鐘以外は撞くことができませんが、なんと2016年は33年に一度の本尊の御開帳の年。それに合わせて、一般参拝の方にも、この期間だけは撞くことができるそうです!

扉が開いているので、お願いごとがダイレクトに届きます。境内にある大日如来を祀る多宝塔は、年代の判明している多宝塔の中でも最古(1194年)の建立で、国宝にも指定されています。

すぐそばを流れる瀬田川は、全国でも有数のしじみの産地。とれたてのしじみを使った「しじみ釜めし」を食べることができるのは、石山寺門前にある「洗心寮」。平安時代の風に吹かれて、とれたてのしじみに舌鼓をうつ、なんて、どうですか?

石山寺の基本情報とアクセス

創建:747年(時期不明)
ご祭神:如意輪観世音菩薩
鎮座:滋賀県大津市石山寺1-1-1
電話/FAX:TEL:077-537-0013 / FAX:077-533-0133
公式HPのURL:http://www.ishiyamadera.or.jp/
交通アクセス:
電車:京阪電車/石山坂本線 石山寺駅下車、徒歩10分
車:大阪・京都方面:名神高速道路「瀬田西IC」より約5分
東京・名古屋方面:名神高速道路「瀬田東IC」より約5分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です