大阪府 四天王寺 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

日本で最初の仏教寺として、593年に推古天皇によって建立された四天王寺。世界の東西南北の神様を四柱お祀りしていたことから四天王寺の名前がつきましたが、平安時代からは救世観音菩薩像を本尊としてお祀りしています。

現在の建物は戦後に建て直されたものですが、当時の伽藍配置を再現しており、それだけでも十分な見ごたえがあります。現在は改修工事中で2022年(聖徳太子の没後1400年記念の年)までは全部を見ることはできませんが、敷地自体が広いので、散策するには十分な広さがあります。

四天王寺境内にある布袋堂は、大阪七福神の一社でもあります。聖徳太子の乳母をお祀りしている場所という伝承もあり、「乳布袋」「乳のおんばさん」と呼ばれています。女性のための神様であることから、縁結び・安産にご利益がある、と言われています。

縁結び効果は?四天王寺の評判や口コミ

20代女性
・骨董市をやっている、と聞いて立ち寄ると、聖徳太子様の命日の縁日でした。うろうろしていたら縁結びのお社を発見。どちらかというと安産とか子育ての方向が強いようですが、いずれにせよ女性の神様であることには変わりません。せっかくここで出会えたのも何かのご縁。お参りして「夢結び」を買いました。あまり期待はしていなかったのですが、お守りを買ってから1ヵ月後。なんと仕事場の後輩クンから告白されました。前に一緒のプロジェクトに居たことはありましたが、まさか告白されるとは。。。ドキドキしながら、現在も恋愛信仰中です。(20代女性)
30代女性
・四天王寺は縁日によく行っていました。結婚も考えていた恋人と別れた後、ふらっと行った時に「結婚相手になる人がいたらいいなぁ」と思って、縁結びのお守りを購入→2週間後、参加している男女混合のフットサルチームの仲間と流れで付き合うことになり、来年春には結婚します。縁結び、って、本当にあるんですね。(30代女性)

御守りアイテムとイベント情報

四天王寺の縁結び守りは「夢結び」という、2つの小さなお守りが1本の紐でつながっているかわいらしいお守りです。まるで男女二人が赤い糸で結ばれているようにも見えます。

また、散華には聖徳太子の絵や伽藍配置を上空からみたイラストなどが描かれており、お土産としても喜ばれます。

毎月21日には弘法大師(空海)の命日にちなんで大師会(だいしえ)が、22日には聖徳太子にちなんだ太子会(たいしえ)という縁日が開かれ、境内には骨董・雑貨・飲食の300近くの露店が立ち並びます。太子会が開催される毎月22日には、聖徳太子の伝説が描かれた絵伝を絵堂で拝見することができます。

また、布袋堂を含む大阪七福神は半径10キロ程度以内にありますので、朝の早い時間から回り始めれば1日で十分に回れる範囲です。縁結びのご利益とともに、七福神の商売繁盛やご長寿のご利益も折角の機会ですから、いただいて帰りましょう。

四天王寺の基本情報やアクセス

・創建:593年
・ご祭神:救世観世音菩薩
・鎮座:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
・電話/FAX:06-6771-0066
・公式HPのURL:http://www.shitennoji.or.jp/
・交通アクセス:電車:市営地下鉄谷町線/四天王寺前夕陽ケ丘駅下車徒歩5分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です