大阪 信太森葛葉稲荷神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

平安時代の陰陽師・安倍清明。彼の母は白狐であった、と言われており、その白狐を祀るのが信太森葛葉稲荷神社です。

安倍保名という男性が信太森で白狐を助けましたが、その時にケガをしてしまいます。そこに現れたのが葛葉という女性。二人は恋仲になって、童子丸という子どもを授かります。

実はこの葛葉は、保名が助けた白狐でした。うとうとと寝ている時に、人間の姿から狐の姿に戻ってしまい、葛葉が狐であることが発覚してしまいます。葛葉は人里にいられなくなり、信太森へ帰ります。この時の童子丸が、後の安倍清明である、と言われています。

この二人の恋のお話しは「葛葉伝説」として伝わり、江戸時代には人形浄瑠璃や歌舞伎でも演じられるようになりました。この伝説から、こちらの稲荷神社は縁結びのご利益がある、と伝わっています。

縁結び効果は?信太森葛葉稲荷神社の評判や口コミ

40代女性
・今の主人との出会いのきっかけをいただいたのは信太森葛葉稲荷神社でした。楠へ触れて出会いをお願いしたら、上司のご友人の紹介で出会いました。めでたく昨年結婚し、その後二人で訪れた時には子宝に恵まれるように、とお願いしたところ、なんとその後に妊娠が発覚。年齢的にも難しいかな。。。と思っていたので驚きでした。来週、安産のお願いに行くところです。(40代女性)
30代女性
・陰陽師が流行った頃に、こちらの神社にもお参りに行きました。どうしても縁結びのご利益をいただきたくて、楠をしっかりと抱いて一生連れ添うパートナーとのご縁をお願いしました。その後に行った婚活パーティーで、偶然にも同じ中学校出身の方と出会えて、来年入籍することになりました。(30代女性)

本殿の横にあるご神木の楠は「千枝の楠」と呼ばれる樹齢2000年の木。和泉市の天然記念物にも指定されています。根元が二つに分かれていることから「夫婦楠」とも言われ、夫婦円満・良縁成就の霊木です。

この木に触れながら、片手に絵馬を持ち、お願い事をしてから絵馬にお願い事を書いて奉納すると、願いが叶うと言われています。

また、この木には白い蛇が棲むと言われており、その姿を見た人は願いが叶うともいわれています。こちらの絵馬は、白狐が描かれている五角形の絵馬。陰陽道の五芒星に通じる形でもありますね。夫婦楠へ触れてから、お願いごとを書いて奉納しましょう。

境内には「子安石」という、子宝・安産のご利益のある石があります。「安倍晴明遥拝の石」とも言われています。また、神社に奉納された掛け軸の絵が描かれた、3種類の一筆箋もお土産として購入ができます。

信太森葛葉稲荷神社の基本情報やアクセス

・創建:708年
・ご祭神:宇迦御魂神、大己貴命、大宮姫命、若宮葛ノ葉姫
・鎮座:大阪府和泉市葛の葉町1丁目11-47
・電話/FAX:0725-45-7306(9:00-17:00)
・公式HPのURL:http://www.kuzunohainari.com/
・交通アクセス:電車:JR北信太駅から徒歩5分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です