奈良 春日大社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

平城京の守護のため、藤原氏の氏神を祀るために春日大社は創建されました。こちらの大社は全国にある春日大社の総本社でもあります。

主祭神の武甕槌命が白い鹿に乗ってやってきた、という言い伝えからお社では「鹿」を神様の使いとして扱っています。奈良公園の野生の鹿が大事にされているのも同じ理由です。

春日大社の敷地内にある「夫婦大国社」は、大国主命(おおくにぬしのみこと)と須勢理姫命(すせりひめのみこと)を鎌倉時代から一つ屋根の下で一緒に祀っており、縁結びや夫婦円満のご利益があると言われています。

春日大社の人気の理由

ご夫婦神で祀られている寺社はほかにもありますが、大国主命と須勢理姫命が夫婦で祀られているのは春日大社だけで、その理由からも人気のあるスポットとなっています。

夫婦大国社に祀られている須勢理姫命は、頭に洗濯用の桶を乗せ、手には“しゃもじ”を持っている姿です。ここで奉納するのはしゃもじの形をした絵馬で、願いを書いて奉納すると、良縁に恵まれ良いお嫁さんになれる、というご利益があります。

お願いごとの書かれたしゃもじが、夫婦大国社の前にはたくさん奉納されています。

縁結び効果は?春日大社の評判や口コミ

40代女性
・いくつかの縁結び神社へ行った中で、一番ピンと来たのは春日大社。ハートの絵馬には恥ずかしくて書けなかったので、しゃもじに「良い縁があって、良き結婚ができますように」とお願い→婚活サイトでお互い条件もその他もピッタリの人とすぐに出会う→半年で結納、とトントン拍子で話が進みました。神様との縁?相性?もあるのかなーと思います。(40代女性)
30代女性
・春日大社の白鹿守を、転勤で遠くへ行く恋人に渡しました。距離が遠いとすぐには会えないけど、私と鹿さんが見守ってるよ、という意味だったのですが、彼は「春日大社は縁結びの場所」とあとで調べたらしく、彼からお返しに「縁結び守」をもらいました。お守りのおかげもあって、2年半の遠距離恋愛を経て、今年結婚しました!(30代女性)

縁結びアイテム「結守」「鹿みくじ」

春日大社の縁結びのお守りは、恋愛成就の「縁結び守」の他恋愛だけでなく仕事運や金運など、すべてのご縁をつなぐ結文(手紙を結んだ形)の「結守」があります。

他にも神様の御使いであるかわいい白鹿の描かれた「白鹿守」もあります。おみくじも、お使いの鹿がおみくじをくわえている「鹿みくじ」で、そのまま机の上に置いてインテリアとしても飾れます。

お願いごとを奉納する絵馬はハート型で、二人の名前を並べて絵馬に書いて奉納すると結婚できる、という情報も!

しゃもじと絵馬を奉納し、縁結びのお守りを戴けば、結婚してよい奥さんになることができ、旦那様にずーっと愛されますね。

春日大社の基本情報やアクセス

・創建:768年
・御祭神:春日神(武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神の総称)
・鎮座:奈良県奈良市春日野町160
・電話/FAX:0742-22-7788 FAX:0742-27-2114
・公式HPのURL:http://www.kasugataisha.or.jp/
交通アクセス:
電車:JR大和路線・近鉄奈良線奈良駅より奈良交通バス(春日大社本殿行)春日大社本殿バス停下車、すぐ
車:名神高速道/京都南ICから京奈和自動車道経由約60分、京奈和自動車道/木津ICから南へ約7km

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です