京都府 由岐神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

もともとは京都御所の中にお祀りされていた由岐神社。天慶年間(938~947年)の短い期間に京都で大きな地震や戦が起こったことから、この騒乱を鎮めるため今の地に遷宮されました。

祀られているのは大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこのみこと)。大己貴命は大国主命(おおくにぬしのみこと)のことで、毎年10月出雲に神様が集まる時に、縁結びの会議を開く神様として有名ですね。

神様全員が一同に集まる10月は、「神無月(神がいなくなる月)」と呼ばれているんです。全国の神様が相談し、誰と誰を結びつけるかを決定しますよ。

さらに加えて、そのご利益を増幅させているのがこちらの神社のパワーの源と言われる大木。京都市の天然記念物にも指定されている樹齢約800年の杉の木です。「大杉さん」と市民の方から親しまれており、この木に一心にお願いごとをすると願いごとが叶う、と言われています。

この樹の皮で作った「願い叶う御守」も分けていただけます。この御守があれば、一願成就の大杉さんといつでも一緒で、パワーを分けてもらえます。

縁結び効果は?由岐神社の評判や口コミ

30代女性
・由岐神社の杉の木に「今の彼と結婚させてください」とお願いしました。「結婚できますように」ではなく「結婚させてください」。恥ずかしながら今のカレを逃すとここから2年は少なくとも結婚できないし、という焦りもあったけど何より彼が他の人と結婚する姿を見たくないと強く思ったからです。紆余曲折はありつつも、お参りから2年で無事に結婚式を挙げることができました。先日、お礼参りにも二人で行ってきました。今回はお礼と子宝祈願に…(30代女性)
30代女性
・由岐神社の「願い叶う御守」を胸にあてて、大杉の前で<遠距離恋愛の彼と、この先も一緒にいられるように>とお願いしました。遠恋自体が3年目になってお互い疲れ切ってしまっていたのでせめて私だけでも元気でいなくては、と思って…。遠くにいる彼にも御守を贈りました。その半年後、プロポーズされて彼のいる所に引っ越し結婚しました。諦めないでよかった!(30代女性)

由岐神社は鞍馬寺の境内にあります。鞍馬寺には、愛の精霊である千手観音・光の精霊である毘沙門天・大地の力の精霊である護法魔王尊の三精霊が一体となった「尊天」が祀られています。こちらもとてもパワーのあるご神体なので、必ずお参りをしましょう。

由岐神社・鞍馬寺ともに鞍馬山にありますが、鞍馬山自体が日本で5本の指に入るパワースポットと言われていますので全身に良い気を浴びて、良縁を引き寄せましょう。

由岐神社の基本情報やアクセス

・創建:940年
・ご祭神:大己貴命、少彦名命
・鎮座:京都府京都市左京区鞍馬本町1073
・電話/FAX:075-741-1670/FAX:075-741-3220
・公式HPのURL:http://www.yukijinjya.jp/
・交通アクセス:電車:叡山電鉄鞍馬駅下車、徒歩10分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です