京都府 八坂庚申堂 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

日本独自で発展した庚申(こうしん)信仰の発祥の地とされる、大黒山金剛寺、通称・八坂庚申堂。古来から人間の体の中には、三尸(さんし)と呼ばれる3匹の悪い虫がいると考えられていました。

2か月に1回の庚申(こうしん)の日に眠ると、三尸が体から這い出てきて、神様にその人の悪行を伝えられていて、結果寿命が縮まります。起きている間には三尸は出てくることができないので庚申の日には徹夜をしてやり過ごす、という風習ができました。“庚申待ち”と呼ばれます。

八坂庚申堂の主神・青面金剛は、三尸自体を食べてしまう神様、つまり、青面金剛様へお祈りすれば、三尸が告げ口をすることもない、というわけです。三尸だけでなく、金剛様は悪人も喰らってしまうそうです!悪いことはできないですね…

縁結び効果は?八坂庚申堂の評判や口コミ

20代女性
・恋人に会いたいけど、仕事が忙しいのと仕事関連の試験勉強をしたいから、と時間が取れない日々。携帯電話を握りしめて寝る日が過ぎて、もう無理かなぁ、と思っていた時に友達が庚申さんへ連れていってくれました。縁結びのお寺なのは知っていたのだけど“くくり猿”という、自分の欲求を抑えるお守りを教えてもらいました。会いたい気持ちをぐっと我慢、電話したい時も“くくり猿”を手にもって耐えました。無事に彼の試験も終わり、合格。「合格したら、渡そうと思ってた」と彼がくれたのは、なんと婚約指輪でした!我慢して待ってた甲斐があったし、庚申さんのご利益だ、と思っています。(20代女性)
40代女性
・青が好きなので、青面金剛様はわたしの一番好きな、そして頼れる神様です。ある程度責任のある役職について、社内でも折衝を行う立場になり。金剛様は悪人を食べる、と言われているので、仕事でイライラしても「きっとこの人が本当の悪人だったら、金剛様が食べてくれるはずだ」と思ったり(笑)。三猿の土鈴を会社のデスクに置いていたら、「これ、かわいいね。見ざる言わざる聞かざる?」って話しかけてきてくれたのは、別部署の同期。はい、今の主人です。(40代女性)

青面金剛のご利益は、あらゆる災難を消し去る、商売繁盛・学業成就と幅広いものですが、金剛のお使いである3匹の猿・くくり猿のパワーは、「猿結び」→「縁結び」のご利益があります。

くくり猿、とは手足をくくられて動けない様子の猿を表したお守りです。欲求の赴くままに動き回る猿の様子と、人間の欲深さを喩え、金剛様へくくりつけ欲望のままに動かない=冷静になりなさい、と教えてくれるのです。

好きになると一直線で突っ走って、回りが見えなくなるタイプの方にはうってつけです。暴走しそうになったら金剛様の顔を思い出し、一呼吸おくことができるようになると、望んだ縁も、近づくかもしれませんよ。

八坂庚申堂の基本情報やアクセス

創建:飛鳥時代(伝)
ご祭神:青面金剛
鎮座:京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る四丁目金園町390−1
電話/FAX:075-541-2565(TEL/FAX同じ)
公式HPのURL:http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/
交通アクセス:バス:京都市バス/清水道バス停下車

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です