京都市 赤山禅院 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

京都の表鬼門(北東)を護る場所として建立された赤山禅院。主神の赤山大明神は中国の神様で、陰陽道では人間の生死を司る神様、と言われています。

拝殿の屋根の上には、「鬼門の守り神」として、御幣を持った猿が祀られています。この猿は、京都御所の方向を向いており、本堂とはちょっとずれた方角を見据えています。

数珠の門の正しいくぐり方

順路通りに参詣すると、大きな数珠の門を2回通ります。「正念誦(しょうねんじゅ)」「還念珠(かんねんじゅ)」と呼ばれる密教の重要な教えを示したものです。

最初の数珠をくくりながら、思い浮かんだ願いごとを、境内をめぐっている間に考え、最後の数珠をくぐる時にも、その願いが大事だ、と思うのであれば、しっかりと心に刻んで、願いが叶うように祈りましょう、ということです。

恋人ができたらおしどり絵馬を奉納しましょう

こちらで奉納するのは、おしどり絵馬。お祓いで使われる人型をしていて、さらに仲睦まじい夫婦を表す時に使われる「おしどり」のイラスト付き。

裏に名前を書いたら、相生堂へ奉納するのですが、その手前に夫婦鳥居、と呼ばれる、鳥居が2つつながっている場所があります。ここは男女が手をつないで通ると結ばれる、というご利益がありますので、しっかりと手をつないで歩きましょう。

縁結び効果は?赤山禅院の評判や口コミ

20代女性
・時期がずれてしまって、ぜんそく封じには間に合わず…季節の変わり目にひどくなる気管支炎を少しでも軽くしたくて、彼氏とお参りしました。縁結びのお堂があるのを行って初めて知りましたが、2人の名前を書いた絵馬を奉納しました。それから喧嘩もなく、仲良く一緒に過ごしています。(20代女性)
30代女性
・どうにもすっきりしない毎日を過ごしていた時、地元誌で見つけた紅葉が綺麗な赤山禅院にお参りへ行くことに。天気もよく、青空に紅葉の冴えるよい時間を過ごせました。縁結びの絵馬には、片思いの彼の名前を書いて、夫婦鳥居は「いつか彼と一緒に来れますように」と強く願いながらくぐりました。その後、片思いの彼と仕事上で関わることができ、思い切って告白したら、なんとOKの返事!!お願いごとを叶えてくれた神様へのお礼もこめて、今度は彼と一緒にお参りします。(30代女性)

良縁ついでに喘息祈祷も!?

赤山禅院は、毎年仲秋の名月の日に行われる、喘息や気管支炎をへちまに封じ込めて祈祷する「ぜんそく封じ へちま加持」も有名です。無病息災を願って、全国から多くの人が集まります。

この祈祷は、千日回峰行、という、7年かけて行われる修行を終えた僧がご祈祷する、大変ありがたい加持です。

赤山禅院の基本情報とアクセス

創建:888年
ご祭神:赤山大明神
鎮座:京都府京都市左京区修学院開根坊町18
電話/FAX:075-701-5181
公式HPのURL:http://www.sekizanzenin.com/
交通アクセス:
電車:叡山電車 修学院駅下車 徒歩20分またはタクシー5分
バス:市バス 5、31、65系統 修学院離宮道 下車または北8系統 修学院道 下車 徒歩15分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です