京都 鳴滝 三宝寺 縁結び ご利益

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

人間の運気や方位を司る北辰妙見大菩薩をお祀りする、京都の三宝寺。北辰妙見大菩薩は、北極星を神格化した神様です。

江戸時代には「鳴滝の妙見さん」と親しまれ、関西全体にまで名が知れ渡っていたそうです。昭和4年には、昭和天皇即位式の建物を一部移築し、本堂としました。

天皇も惚れ込む美しい桜の風景

市街地から離れた場所にあり、四季を通して自然の風景が楽しめますが、特に春先の桜はオススメ。京都御所から移植された桜は、時の天皇があまりの美しさに乗っていた車を引き返させた、というエピソードから「御車返しの桜」と呼ばれています。

その他にも、樹齢700年にもなる揚梅(ヤマモモ)の木もあり、美しい色彩が目を楽しませてくれます。

供養塔で良縁のご利益を

境内には、豊臣秀頼や、その母・淀君を祀る供養塔がありますが、いつの頃からか、この塔をなでてお願いをすると良縁に恵まれる・早く結婚できる、というご利益があり「良縁結びの塔」と呼ばれています。

美しい自然に囲まれた環境でリフレッシュして、豊臣家にお参りをしつつ、良縁を祈願しましょう。

縁結び効果は?三宝寺の評判や口コミ

40代女性
・運動したりエステへ行ったりしてストレス発散を都度しているつもりでしたが、そうでもなかったんだなぁと三宝寺へお参りして気づけました。良縁結びの塔にもお願いはしましたが、抱えているものを手放さないと新しいことは入ってこない、と実感できたことが自分には大きくて。その後知り合った今の主人と、半年で結婚することになったのですが、内面のリフレッシュって大事ですね。ちゃんと必要なところに目が向くようになるので、神社へのお参りはいろんなことにご利益があると思います。(40代女性)
30代男性
・みんなの言う「パワースポット」は、自分にはキラキラしすぎていてちょっと無理で、三宝寺が一番落ち着きます。足の裏からゆっくりとパワーが届くような感覚です。よく行く小料理屋さんで知り合った女性と「最近行った所」の話になったら、偶然にも同じ日に三宝寺へ行っていた(時間帯がずれていて会ってはいない)ことが判明。今度、彼女とデートすることになりました。(30代男性)

子授けに頭痛封じ・厄落としにも活躍

縁結び、だけでなく、三宝寺には子授けのご利益スポットもあります。

大きなお釈迦様の回りに、千体もの小さなお釈迦様を祀った「千体佛」で、お参りをした方々から「子宝を授かった」という喜び・お礼の声が、お寺に届いているそうです。

お寺では「赤ちゃんは、父母両方がそろっているからこそ授かるものなので、ご夫婦でお参りしてほしい」とアピールされています。

また、土用の丑の日には、頭痛封じのお祓いの「ほうろく灸祈祷」が行われます。

土で作られた平らな土鍋(ほうろく)を頭の上にのせ、その上にもぐさを乗せて火をつけます。木の剣で九字を切り、悪霊退散をする、という祈祷で、併せて行われる、病気封じの「きゅうり封じ祈祷」と共に、多くの人が訪れます。

また、師走には「厄落としの大根焚き」も行われ、炊いた大根とゆずご飯がふるまわれます。

三宝寺の基本情報やアクセス

創建:1628年
ご祭神:釈迦如来
鎮座:京都市右京区鳴滝松本町32
電話/FAX:075-462-6540
公式HPのURL:http://www.sanbouji-kyoto.or.jp/
交通アクセス:
バス:京都駅からJRバス三宝寺バス停下車、徒歩5分
車:京都駅から車で約30分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です