京都府 鷺森神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

京都の北東部、修学院離宮や曼殊院などもある修学院エリアにひっそりと佇んでいるのがこの鷺森神社。

神様の使いである鷺(さぎ)が多く集まっていたことからこの名前が付いたそうです。現在の位置に移ったのは江戸時代で、それより前は修学院離宮の中にあったそうです。

ここのご利益(縁結び)パワースポットは、境内にある縁結びの石「八重垣」です。鷺森神社にお祀りされている素盞鳴尊(すさのおのみこと)が詠んだ、日本最古の和歌「八雲たつ 出雲八重垣妻籠に 八重垣つくる その八重垣を」にちなんだ名前だそうです。

この石に手を触れてお願いをすると、悪い縁を絶ったうえで、思う人との縁を結んでくれるご利益があります。また、カップル・夫婦でお参りをすると、夫婦円満や家内安全のご利益も授けてくれるそうです。

出会いの前に、悪縁をしっかりと絶ちたい!という方は、こちらにお参りするのがよさそうです。

縁結び効果は?鷺森神社の評判や口コミ

20代女性
・カップルで行くとさらに仲の良さが増す、と聞いて彼氏とお参りしたのですが、なんとそのあとすぐに喧嘩別れ。ええ~!?と思ったのですが、八重垣のご利益は「悪縁を切ったうえで良縁を結ぶ」なんですよね。そんなに時間をおかずに、今の彼ができました。そう思うと、一緒に行った彼は悪縁だった、ってことですよね?!びっくり。(20代女性)
30代女性
・自分でお守りのご神体を入れる、っていうのは斬新でした。あと、お守りの袋を開ける、ということも、本来はタブーですけど、ここでは自分でお願いごとをした石をお守り袋に入れるので、開けてもいいんですよね。悪縁切りと良縁の縁結び、どっちもお願いしました。タイミングよく、がらっと職場の席配置が変わって、今まで遠かった隣の部署と近くなって…憧れていた隣の部署の上司と、パーティションを隔てて隣の席になりました!すごいご利益!話をする中で既婚者だってわかり(涙)恋人候補からは外れましたが、仕事への姿勢、お客様への姿勢、学びたいことがたくさんある人なので、これからも背中を追いかけます!(30代女性)

八重垣へのお参りの前に、社務所で黒石とお守りの袋を買い求めましょう。その黒石を八重垣の上に置いて(心の中で)お願いごとをして、お守りの袋へ入れて自分だけのお守りになります。

春にはヤマザクラが、秋には参道の紅葉が参詣者の目を楽しませてくれます。市街地から少し離れており、背の高い木に囲まれていることから、神社の中は静寂に包まれています。日常から離れて、自分の内面と向き合いつつ、良縁を祈願するのも乙です。

鷺森神社の基本情報やアクセス

建立:貞観年間(859-877)
ご祭神:素盞鳴尊
鎮座:京都府京都市左京区修学院宮ノ脇町16
電話/FAX:075-781-6391/075-721-5272
公式HPのURL:なし
交通アクセス:電車:叡山電車修学院下車 徒歩約10分
市バス:修学院道下車 徒歩約6分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です