京都府 車折神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

多くのメディアでも取り上げられている、車折(くるまざき)神社。後嵯峨天皇が嵐山を訪れた時、突然、この神社の前で牛車の一部が折れて動かなくなりました。

神様の威力を目にした天皇は、門前の石に対して、神様として「車折大明神」の名前を贈ったのです。そこから“車折”の名前が付いたので、車「崎」ではなく「折」なんですね。

「石」に注目して参拝すると良いことがあるかも!?

祀られているのは、清原頼業 (きよはらのよりなり)。今で言うと、スーパーキャリアでバリバリ仕事のできる人だったようで、当時の言葉をそのまま引用すると「その才、神というべく尊ぶべし」。周囲から「神」と言われるほどの、才能の持ち主だった、ということです。

神社名の由来が「石」であることもあって、お祓いをした石の入った「祈念神石(きねんしんせき)」が人気。また、円と縁両方にご利益があるように、との願いをかけた「えんむすびお守り」が人気。郵送での申し込みも対応しているようなので、遠方の方でも入手できますね。

ちなみに、ひとつの石にはお願い事は3つまでとされていて、ひとつでも願いが叶ったら、その時点で石をお返しするようにと車折神社の方は仰っています。

境内内の返却された石の積まれたところをみると…(!)仕事や学業の成果を書いた石たちの中に「結婚できました!」「無理だと思っていた恋人が帰ってきました!」等、縁結びに関わる内容もかなりあります。むむむ、やはり頼業様のお力は偉大なのですね。

縁結び効果は?車折神社の評判や口コミ

40代女性
・愛があってもお腹はいっぱいにならない…それがわかっていても、いつも自分が惹かれるのは、自分より稼ぎが少なかったり、バイトで夢を追いかけている男性ばかり。見かねた親友が、郵送で「えんむすびお守り」を取り寄せてくれました。「円(お金)に縁のある人との縁を結んでくれる」という謳い文句通り、実業家の方との出会いを運んでくれました。恋愛、というよりは、仕事上での良縁ですね。(40代女性)
20代男性
・修学旅行で京都へ行った妹が、ここの「祈念神石」を買ってきてくれました。就職内定がなかなか取れない自分への気遣いだったようですが、僕はそれよりも、卒業したら今の彼女と一緒に暮らして結婚したい、と思っていたので、そっちばっかりお祈りしていました(笑)。思う信念を石が叶えてくれたのか、就職して4年。ちょっと時間は長くなったけど、今年、彼女と結婚します。(20代男性)

バリキャリ女子の聖地!?仕事も恋愛も運気を上げよう

車折神社の境内には、清原頼業と同族の清少納言を祀る「清少納言社」もあります。こちらも今でいう、バリキャリで仕事のできる人。彼女にあやかり「より美しく、より聡明に」なりたい方は、こちらへのお参りも忘れずに!

HPには、お参りの作法や順番などをまとめた情報も掲載されています。訪れる前に読んでおくと、もれなくご利益にあずかれるかもしれませんよ。

車折神社の基本情報とアクセス

創建:正確には不明
ご祭神:清原頼業
鎮座:京都府京都市 右京区嵯峨朝日町23
電話/FAX:TEL:075-861-0039  FAX:075-872-0670
公式HPのURL:http://www.kurumazakijinja.or.jp/
交通アクセス:
電車:京福電鉄嵐山本線「車折神社駅」下車すぐ
車:京都駅からタクシーで約30分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です