京都 八大神社 縁結び 良縁 ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

素盞嗚命(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなだひめのみこと)をお祀りする京都洛北に鎮座する八大(はちだい)神社。古くは「北の祇園」とも呼ばれていました。

宮本武蔵が必勝祈願を行った神社でもあり、見事戦いに勝ったということから“勝負の神様”ともいわれています。

神様の集まる出雲で劇的に出会った、素盞嗚命と稲田姫命。八岐の大蛇(やまたのおろち)に生贄にされそうになった稲田姫命を素盞嗚命が助け、結ばれたと言われています。

出会い=縁結びの神様に護られ、勝負の神様もいらっしゃる。こんなに強力なパワーの神社は、他ではなかなかお参りできません。

もともとこの地には「一乗寺」というお寺がありましたが(現在は鉄道の駅名として残っています)、宮本武蔵が決闘を行った場所が現在でも「一乗下り松」とされ、大事に保護されています。

現在は4代目の松で、武蔵が決闘を行った当時の松は(一部のみではありますが)八大神社の敷地内に保存されています。

勝負事、特に恋愛の勝負に勝ちたい方は、ぜひこちらにもお参りするとよいでしょう。

縁結び効果は?八大神社の評判や口コミ

30代女性
・ここ10年位は「宮本武蔵」ばかりが目立つのですが、実は強力な縁結びの神様のいらっしゃる八大神社。自分が縁結びでお参りすることはきっとないだろうなぁ、と思っていたのですが…気になって仕方の無いバイト先の男性が、彼女と別れたという情報をゲット。がっつきたくはないけど、行くなら今しかないと思って、お参りしました。さりげなくアプローチしつつ、3か月目で彼女になれました!お参りしてなかったら、焦って押しすぎたかもしれませんが「私には縁結びの神様がついてる」と思ったら、そういう気持ちも押さえることができました。(30代女性)
30代女性
・どうしても勝ちたいコンペのために仕事に打ち込みすぎていたら、恋人から「仕事と俺とどっちが大切なんだよ」と怒りのメールが。「どっちも大事だよ!」としか返せず、悶々としていた私を同僚が日曜の朝に連れ出してくれました。移動中は爆睡していて、着いたところが八大神社。「どうせなら、勝負(コンペ)にも勝って、彼氏もつなぎとめておきな」ということだったのでしょう。しっかりと下り松にお参りし、縁結びのお守りも買いました。結果は…コンペも勝ち、ちゃんと彼に心から謝って、今も仲良く付き合っています。(30代女性)

縁結びと勝負事、それぞれのお守りがこちらでは授与していただけます。特に「勝守(かちまもり)」は、宮本武蔵が吉岡一門と決闘した当時の、一乗下がり松の木片が入っている、貴重なお守りです。

縁結びのお守りには、素盞嗚命と稲田姫命が織られています。

その他、福亀ご縁結び、という、五円玉に紐を結び(五円=ご縁結び)亀の形に作られたお守りがあります。紐の色も様々でカラフル。ちょっとしたお土産にも喜ばれるお守りです。

八大神社の基本情報やアクセス

・創建:1294年(鎌倉時代)
・ご祭神:素盞嗚命、稲田姫命、八王子命
・鎮座:京都府京都市左京区一乗寺松原町1番地
・電話/FAX:電話:075-781-9076 FAX:075-712-4499
・公式HPのURL:http://www.hatidai-jinja.com/
・交通アクセス:
電車:叡山電鉄「一乗寺駅」下車、徒歩10分
車:名神高速道路「東インターチェンジ」より約30分、「南インターチェンジ」より約40分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です