兵庫県 神戸市 柳原天神社 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

兵庫駅から海の方面へ徒歩で6分。ビルや住宅の中に佇む神社がここ、柳原天神社。

菅原道真が太宰府に左遷される折、この当たりの梅の花の愛の歌を詠んだことがきっかけで、道真を主祭神として祀る小さな祠が作られたのがこちらの神社のおこりです。境内には、牛の石像も祀られています。

道真と牛には不思議な言い伝えがあります。誕生日と亡くなった日がいずれも丑の日だったこと、太宰府への都落ちの際、命を狙われたが白牛に助けられたこと、「牛車に行く先を任せて、牛の止まったところに自分を葬ってほしい」という道真の遺言に従って牛車を行かせ、お墓の場所が決まった(太宰府天満宮)こと。これらの言い伝えから、道真の使いが「牛」とされ祀られています。

明治時代の神仏分離により、隣の満福寺から分離。満福寺の当時のご本尊は、菅原道真自作の十一面観世音菩薩像でしたが、残念ながら第二次世界大戦の神戸九州で焼失しました。

境内には「夫婦(めおと)いちょう」と呼ばれる銀杏の木があります。根元で雌雄のいちょうの木が結ばれて共生していており、この木に触れると、良縁・縁結び・夫婦円満・子宝に恵まれるご利益があるといわれています。夫婦のお二人の絆をさらに深め、カップルの場合はお二人の仲を結婚に導く、と言われています。

もちろんこの木のように、仲睦まじく過ごすお相手との縁を結ぶご利益もあります。優しく触れて、しっかりと願掛けしましょう。

縁結び効果は?柳原天神社の評判や口コミ

20代女性
・学生時代の通学路にあって、いつも前を通っていました。大きな銀杏があるのは知っていましたが、縁結びのご利益があるのは社会人になってから知りました。毎週日曜の朝、ジョギングがてらお参りして、木に触れていたら、ジョギング仲間ができて自然とお付き合いするようになりました。二人のジョギングコースには、今でも柳原天神社は欠かせません。(20代女性)
40代女性
・主人の浮気が発覚、私は離婚一択でしたが向こうがやり直したいとすがってきて・・・私が頭を冷やしたくて、少し長めの一人旅に出ました。独身の頃から行きたかった神戸で駅近くを散策中、夫婦いちょうのある小さな神社に立ち寄りました。看板を読みながら「1回くらいはチャンスをあげてもいいかな」という気持ちが芽生え、銀杏の木に(これからは平穏に暮らせるように)とお願いを。今でも離婚せず(むしろ主人の方が少し遠慮気味ですが)前よりお互いの思っていることを話せるようになったのは、よかったかな、と思うし、夫婦いちょうのように、支え合っていくのも悪くないかな、と思います。(40代女性)

兵庫には“兵庫七福神”という、兵庫区内の7つの神社・寺社からなる七福神が存在し、柳原天神社は布袋さまの神社です。布袋様の土人形も入手できます。境内には七福神全員がそろった石像もありますので、こちらにもお参りを忘れずに。

柳原天神社の基本情報やアクセス

創建:901年(伝)
ご祭神:菅原道真
鎮座:兵庫県神戸市兵庫区東柳原町1-12
電話/FAX:078-651-1283(TELのみ)
公式HPのURL:なし
交通アクセス:
電車:JR兵庫駅から徒歩6分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です