福井県 金崎宮 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

福井県敦賀市にある金崎宮は、NHK大河ドラマ「功名が辻~山内一豊の妻」で「戦場」という話の舞台となった金ヶ崎城(址)のふもとにあります。

福井県内でも屈指の桜の絶景スポットで、春の季節に約1000本のソメイヨシノが一斉に咲き競い大変美しい光景が広がります。

明治時代、金崎宮へ桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、桜の小枝を交換することで思いを伝えた、といわれるロマンチックなお祭り「神事・花換まつり」(4月1日~15日)が有名で、「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれる、といわれています。

御祭神は尊良親王(たかながしんのう)、恒良親王(つねながしんのう)の二神です。

縁結び効果は?金崎宮の評判や口コミ

30代女性
・金崎宮は「恋の宮」、と地元で言われています。花換まつりがは明治40年代とのことですが、当時は男女の交際がオープンでもない時代。神社で受けた花を持ち、お目当ての人の前に行き「花換えましょう」と声を掛ける習慣が(はやり?)始まったそうです。おじいちゃんとおばあちゃんがこの花換まつりで出会っていなかったら、今この世に存在しないという人、多数出ちゃうかも~。とても幸せな祭りだな…恋を育んできたのでしょう。宮司より働き者の招き猫は元気なのでしょうか・・・会いに行きたいです(30代女性)
30代女性
・金崎宮の福娘キャラクター、香恋ちゃん。いつも「桜の小枝」に囲まれています。いやいや、現実の話に戻しますが金崎宮の、恋みくじは「心の羅針盤」、貴女自身の進むべき道を教えてくれるお手伝いをしてくれるそうです。恋に悩むときに、恋みくじを引く時は心を込めてひくと良いそうですよ。恋愛成就の御守りは、桜が描かれている“えん結び守”です。ここ金崎宮では桜が人と心を結ぶので、桜デザインが良いそうです。(30代女性)
20代女性
・“難関突破の宮”とも呼ばれている金崎宮。武将、織田信長が朝倉攻めの際信長の妹お市が、窮地に追い込まれた陣営に、両方を紐で結んだ小豆袋を入れ届けたそうです。これが戦勝につながりこれにちなんで金崎宮で授与されるお守りや絵馬には、両端を結んだ袋の形をしたものが多くあります。めちゃめちゃイケメンの倍率高そうなケンジ君とは、この金崎宮のお参りがカギとなるなあ!付き合えたらいいな。(20代女性)

天気の良い日に展望台から見渡す敦賀湾の風景は、ずーっとおだやかな海原が続く静かな日本海です。厳しい冬を越えて金崎宮には、春の暖かい季節に訪れたいものですね。

金崎宮の麓にある金前寺は、観音霊場の札所でもあります。境内を散歩される方は是非こちらも参拝ください。

金崎宮の基本情報やアクセス

・創建: 1336年(延元元年)
・御祭神:尊良親王(たかながしんのう)※後醍醐天皇一の宮、恒良親王(つねながしんのう)※後醍醐天皇皇太子
・住所:福井県敦賀市金ヶ崎町1-4
・TEL: 0770-22-0938
・公式HPのURL:http://kanegasakigu.jp/
・交通アクセス:電車:JR「敦賀駅」から車で15分、車:北陸自動車道「敦賀IC」から約10分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です