素盞鳴神社 広島 縁結び ご利益 パワースポット

☆夏直前!お得な女磨き特集☆

素盞鳴命(すさのおのみこと)・櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)・八王子(やはしらのみこ)と三神を家族でお祀りするのが、こちらの素盞鳴神社。備後国の一の宮(その地域で一番の格式の神社)として古くから信仰を集めています。

祇園祭は見所!

もともと牛頭天王もお祀りしており、そこから平安時代には祇園祭りが始まった、とされる歴史も残っています。

明治時代の神仏分離令により、現在の名前となりましたが、今でも昔の名残から「天王さん」「祇園さん」と地元の方々には呼ばれています。

現在でも7月中旬に祇園祭が開催され、最終日には「けんか神輿」で街中が賑わいます。

実は「茅の輪くぐり」の発祥地!

また、お正月から6月末までの半年分の穢れを払うと言われる「茅の輪くぐり」の発祥地でもあります。この神事は、素盞鳴命と櫛稲田姫命が結婚できたことから、縁結びのご利益があるとされています。

茅の輪くぐりで輪をくぐってその年半年の厄を落とし、悪縁も切り、素敵な縁を結んでいただきましょう。

縁結び効果は?素盞嗚神社の評判や口コミ

20代女性
・広島の祇園さんである、素盞鳴神社へ彼氏とお参りに行きました。本当は京都に行きたかったのですが「広島の祇園祭りが元祖だ!」という彼氏の言葉に押し切られ、彼の希望を叶えることにしました。縁結びのご利益があるお守りを、二人でペアで買いました。その後何度か別れそうになったこともありましたが、無事昨年結婚しました。先日お礼参りに行ってきたところです。(20代女性)
40代女性
・けんか神輿で有名な地元の神社(素盞鳴神社)が、実は縁結びの神様を祀っている、と聞いてお参りに行きました。茅の輪くぐりをすると、厄払いだけでなく。悪縁を切って良縁を結ぶことができる、ということだったので、6月末の多くの人出の中で、縁結びをお願いしてきました。半年後、通っている英会話教室の同じクラスに入ってきた年下の男性に一目ぼれをして告白→OKをもらい、今も仲良く付き合っています。今年のGWに初めての旅行で、一緒にお礼参りに行く約束もしています。(40代女性)

広島の素盞嗚神社のプチ雑学

日本にわずか20棟ほど、と言われ、日光東照宮でも有名な「鳴き龍」がある神社としても有名です。また、相方城から戦国時代に城門が移築され、現在も当時の門が遺構として保存されています。

かつての境内で鬼門にあたる北東の位置には、神代之杉と呼ばれるご神木がありました。今は石碑のみですが、こちらも名前のとおり、神様のパワーが宿った場所です。

御守も10種類程度ありますので、自分のお願いごとにあったお守りをいただいて帰りましょう。

素盞嗚神社の基本情報やアクセス

・創建:伝673年-686年
・ご祭神:素戔嗚命
・鎮座:広島県福山市新市町大字戸手1-1
・電話/FAX:0847-51-2958
・公式HPのURL:http://www.k-shinichi.com/susanoo.html(新市町観光協会のページ)
・交通アクセス:電車:JR福塩線上戸手駅下車、徒歩3分

・地図/MAP

【登録無料】神頼みをしたら行動しましょう♪

サクラゼロ宣言
pairs






電話占いヴェルニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です